アマゾンギフト券の有効期限にはギフト券のタイプによって異なります。

有効期間なら知ってるよという方も厳密に知ってますか?

初めてギフト券を利用する人もいつも使っている人も絶対に知っておくべき有効期限のルールをまとめました。

これからのamazonでのショッピングに役立てていただければと思います。

アマゾンギフト券のタイプ別 有効期限一覧

タイプ有効期限
チャージタイプ1年間
Eメールタイプ1年間
カードタイプ1年間
シートタイプ3年間
グリーティングカードタイプ1年間
ボックスタイプ1年間
法人向けのギフト券2年間

シートタイプのギフト券と法人向けのギフト券以外は有効期限が発行日から1年間。

シートタイプは発行日から3年間、法人向けは発行日から2年間となっています。

さてここで疑問を持った方もいるかもしれませんがこの有効期限とはアカウントに登録するまでなのででしょうか?

有効期限のよくある疑問について

アマゾンギフト券の有効期限についてのよく耳にする疑問には以下のようなものがあります。

  • アマゾンギフト券の有効期限はアカウントに登録できる期限?
  • アマゾンで商品を購入するまでの期限?
  • アカウントに登録しても期限が来たら失効する?

どの質問も答えは「YES」です。

ギフト券の有効期限は登録しても変わらずギフト券コード入力後でも、期限は存在します。

「アカウントに登録」も「商品の購入」もどちらも有効期限は適用されますのでチャージすれば安心と勘違いしている方は気をつけましょう、認識としては「有効期限が過ぎたら何にも使えない」で間違いありません。

また有効期限についてこのような疑問をお持ちの方もいるようです。

  • アカウントにアマゾンギフト券を追加登録したら有効期限はどうなる?
  • 有効期限が異なるギフト券を登録したときの消化される順番は?

アカウントにギフト券残高が残る状態でギフトコードを入力するとそれぞれ登録したギフト券ごとに有効期限が適用されます。

有効期限が異なるギフト券をチャージした場合、有効期限が近い順に消化されます。

有効期限の確認方法はどうやってするの?

有効期限の確認はページ上部の「ギフト券」を選択して「残高・利用履歴」から確認できます。

amazonギフト券の残高amazonポイントの残高は別物なので間違わないようにしましょう。

amazonギフト券の有効期限確認ページ

アマゾンギフト券の有効期限について まとめ

アマゾンギフト券の有効期限は

  • シートタイプ 3年間
  • 法人向けタイプ 2年間
  • それ以外 1年間

となります。

アカウントに登録した後も有効期限は適用されてすぎると失効して使い物になりませんのでなるべく使い切るようにしたいですね。

複数のギフト券がアカウントに登録されている場合、ギフト券で支払いをすると有効期限の近いものから順番に消化されます。

有効期限や残高の確認はトップページなどに表示されていないので「残高・利用履歴」のページから可能です。

ちなみに万が一、有効期限を過ぎてしまった場合には奥の手が存在して制限があるものの期限を延長することができるそうです。