「Amazonギフト券」は自分が購入したり、プレゼントとしてもらったりと意外といろいろなシチュエーションで入手することがあります。

Amazonで購入する場合の決済方法の主流はクレジットカードではありますが、最近では自分でAmazonギフト券を購入するケースも増えてきています。

そのため多くのAmazonギフト券を保有するケースも増えてきていますが、問題点として「どのAmazonギフト券を何のために利用したのか、そしてまだ使っていないものはどれで残高がいくらあるのか」がわかりにくくなってくるのが事実としてあります。

そこでそれを確認することが非常に重要になってくるのですが、それはAmazonのWebサイトのアカウントサービスのページを見るだけでよいという簡単なものなのです。

スポンサーリンク

Amazonギフト券の利用履歴や残高確認

Amazonギフト券の利用履歴や残高確認をするには、AmazonのWebサイトの上部にある「ギフト券」をクリックします。

次にその中にある「残高・利用履歴」をクリックすることでそのページが表示されます。

「インターネットのサイトの中から目当ての情報を速やかに確認するなんて難しい」と考えている人は多いと思いますが、実はこのように2回マウスをクリックするだけでたどり着けるほど簡単に設計されているのがAmazonの特徴でもあるのです。

Amazonギフト券の利用履歴

利用履歴については、「ギフト券・ショッピングカード:利用履歴」のページを見ることで確認できます。購入したりプレゼントとしてもらったAmazonギフト券には、チャージタイプ以外のものにはギフト券番号が記載されています。

Amazonギフト券をショッピングで利用するには、そのギフト券番号を登録しておく必要があります。

利用履歴のページでは、ギフト券番号を入力してAmazonギフト券を登録した時間と、どのギフト券番号のAmazonギフト券をいつ利用したかを確認することができます。

これを活用すると、手元にあるグリーディングカードタイプなど現物があるタイプのものをはじめ、ギフト券番号のあるAmazonギフト券の中でまだ登録されていないものがどれかわかりますし、反対に使用済みのものがどれかも確認することも可能となります。

Amazonギフト券の有効期限は2017年4月24日以降に発行されたものに関しては10年と拡大されましたが、2017年4月23日以前に発行されているものであればシートタイプのもので3年、それ以外のもので1年ということに変更はありません。

もし確認することを怠ってしまい、手元にある2017年4月23日以前のAmazonギフト券がまだ未使用のまま登録されていなかったらそのまま有効期限切れになってしまう可能性が出て来ることになります。

プレゼントでいただいたものならともかく、自分でせっかく購入したものを登録し忘れていたらその代金も無駄になってしまいます。

利用履歴を確認するということは、ただ単にどのAmazonギフト券をいくら利用したかを確認するということも大事なことではありますが、まだ登録されていないAmazonギフト券がどれかを確認するということがとても重要な使い方といえるのではないでしょうか。

せっかくのAmazonギフト券なのですから、無駄なく期限内に最後まで使い切りたいものです。

アマゾンギフト券の有効期限について【解説】

Amazonギフト券の残高確認

一方、登録しているAmazonギフト券の残高を確認するためには「現在のギフト券・ショッピングカード残高」というところを見ることでわかります。

そして、それらのAmazonギフト券の有効期限も確認することができます。当然のことではありますが、有効期限が早いものから使っていくことが効率的です。

残高を確認するのと同時に有効期限を確認しておくことは非常に重要になってきます。

Amazonギフト券は非常に便利なものです。商品を購入した場合に、Amazonギフト券を使用して購入することはよくあります。

商品の購入価格よりAmazonギフト券の残高のほうが多い場合は、その差額がおつりとなってギフト券残高として残ります。

一方で商品の購入価格がAmazonギフト券の残高より高い場合は、ギフト券残高の全額を使用したうえで、別のAmazonギフト券を使用したりクレジットカードによる決済を織り交ぜるなど様々な決済方法を取り入れることが可能となっています。

また、Amazonギフト券にはただ単なる商品券としての要素以外に「プリペイドカード」としての側面を持っています。

通常、Amazonで商品を購入する場合の決済はクレジットカードでの決済が主流となっています。

クレジットカード決済の大きなリスクとして「買い過ぎ、使い過ぎ」が挙げられます。

店頭での買い物ではもちろん、インターネットショッピングにおいてはなおのことその傾向は強いです。

現物の商品を見ずにクリックするだけで商品が買える上、決済に現金も使用しないため「本当に買っているんだ」という意識が薄れていくからともいわれています。

そこで「Amazonギフト券の残高分しか購入しない」と自分で決めることによって、余計な買い物を抑えて無駄な出費を防ぐことが可能となっているのです。

Amazonギフト券の残高を確認するということは、商品の価格を見たうえで決済方法をどのようにするか(使用したいAmazonギフト券を超えた分はクレジットカードを使用するのか、その他の方法を考えるのかなど)検討するという目的や残高以上の買い物をしないようにいくらまで買い物ができるのかを調べる目的があるのです。

Amazonギフト券を登録したら、残高確認を怠ってはいけないということがよくわかります。

残高を確認するということはそれほど重要なことなのです。

【スマホ・PC】5分でわかるamazonギフト券の使い方|購入から登録、プレゼントなど解説

使用履歴・残高確認が重要

コンビニで購入するアマゾンギフト券の解説

このように、Amazonを利用してインターネットショッピングを利用する場合にAmazonギフト券の「使用履歴・残高確認」を行うということは非常に重要なことなのです。

ギフト券は一度購入すると、それで安心してしまって買い物をするまで放置してしまうことがしばしばあります。

それどころか、ギフト券を保有していることも忘れてしまいクレジットカード決済で買い物をしてしまうということすら起こってしまいがちなのです。

Amazonギフト券で最も気にしなければいけないことの1つに「有効期限」があります。

2017年4月24日以降に発行されたギフト券の有効期限は10年となりましたが、2017年4月23日以前のものはシートタイプで3年、その他のタイプは1年ということについては変更がありません。

「保有しているAmazonギフト券の有効期限はすべて10年になったから、そこまで気にしなくてもいい」と勘違いしていると有効期限切れを引き起こしてしまいます。

せっかく購入したりプレゼントしてもらったものが無駄になってしまうのは大変もったいないことです。

利用履歴を確認するということは、以前に保有していたAmazonギフト券でどのようなものを買ったかなどの記録を確認することも重要ではありますが、それ以上に使っていなかったり登録されていなかったりするAmazonギフト券がないかを確認するという目的で利用することが大事なことなのです。

また、「使い過ぎ」という点にも気を付けなければなりません。Amazonギフト券をプリペイドカードのような目的で保有しているケースは意外と多いものです。

残高を確認しないことには「いくらまで買っていいのか」がわかりません。

また、どうしても必要なものでAmazonギフト券の残高を超えてしまった場合にはどのような決済方法をとるかを検討しなくてはなりません。

すべては残高確認を行うことから始まるのです。

Amazonギフト券はその利用についてスポットが当たることが多く、利用履歴や残高確認についてはあまり目立たないことが多いです。

サイトでもなかなか目立ちにくいという点はありますが、実はたった2回のクリックで簡単に確認できるものなのです。こまめに確認して、快適なインターネットショッピングを楽しみたいものです。

amazonで割引購入する方法おすすめ15選

amazonギフト券チャージタイプでお得!ポイントがつく買い方