amazonギフト券は大手ショッピングサイトamazonon.co.jpで現金さながらに使える電子マネーとして需要が非常に高くまた現金に換金できることから度々犯罪に利用されてしまいます。アダルトサイトや動画サイトの架空請求の支払い、SNSのアカウント乗っ取りで電子ギフト券を送るなど詐欺の手口は有名です。

皆さんはamazonギフト券の買取業者を装い電子ギフト券を搾取する詐欺業者をご存知ですか?高価買取を謳う業者に高く買い取ってもらえるものだと思いこんで詐欺被害に遭う事件が多発しています。

今回お話する利用規約詐欺はこうした犯罪のなかでも比較的新しい手口のものでまだ世の中の認知度はあまり高くありません。amazonギフト券買取サイトを利用すればもちろん即日お金に換金できますが、利用する業者を間違えるともしかしたら思いのよらないトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

被害に合わないためにもぜひこちらの記事を参考にしていただいて、安全な買取業者を利用していただければ幸いです。

ギフトマッチ

amazonギフト券が詐欺に利用されている

詐欺を行う犯罪者の目的は金銭の搾取です。いかに効率よく足がつかないようにお金をだまし取るかしか考えていません。

この点で現金振込だと口座を用意しなくてはなりませんし銀行に記録が残ってしまうため足がついてしまいます。一方、amazonギフト券はメール1つで送受信ができるため匿名性が保たれ発行元の意向とは裏腹に犯罪者にも重宝されています。

どうしても金券類には犯罪がつきものでギフト券といえばJCBギフトカードなどの商品券も毎年架空請求、偽造、詐欺などは発生しています。

amazonギフト券だけが特別、犯罪に利用されているわけではありません。ただしこれだけamazonギフト券が市民権を得るようになったからにはトラブルに合う人の割合も多くなっていることは紛れのない事実です。アマゾンギフト券の買取はネットで簡単に行える反面それを利用して金銭同様の価値があるギフト券をせしめる輩も存在する事を知っておいて下さい。

amazonギフト券買取業者を装う利用規約詐欺

高価買取を謳い利用者からamazonギフト券を搾取する詐欺の手口は非常に巧妙です。

なるべく損はしたくない利用者の心理を巧みに利用した手口と言えます。

例えば、一般的な優良ギフト券買取業者でamazonギフト券を買い取ってもらうとその相場は最大約92%(多少の上下はある)ほどになります。

これに加え銀行振込が早かったり、買取までの手続きが簡単なほうが利用者の人気があります。

詐欺業者の特徴としてはありえない買取価格と利便性を強調して利用者にアピールしてきますので買取率98%やメール申込だけでOKなどすぐに良い条件で取引できるように持ちかけています。

さてそこで本題の利用規約が出てきます。

利用規約を悪用した詐欺の手口

本来何かしらのサービスを利用する時、運営会社が定める利用規約に同意することはそれほど珍しいことではありません、むしろ一般的といえます。

例えば身近なものでいえばスマホアプリも利用規約に同意してみなさん利用をしています。

規約の同意は必須になっていますが多くの方は「長文で読む気にもなれない」、「大体どこも同じような内容」、「内容が難しくて…」と思い込んでしまっているので読まずに同意していることがほとんどです。

そして利用規約を読まなかったからと言って何かトラブルに巻き込まれることもなかったのではないでしょうか。

利用規約詐欺業者はこうした盲点をつきありえない利用規約を設定して申込をさせるのです。

利用規約詐欺サイト申込

こうしたチェックボックスがあればわざわざ利用規約ページに飛んで確認する人が何人いるでしょう?

大半の人はめんどくさがってすぐにチェックを入れてしまいます。

利用規約詐欺業者に申込んだしまった人の末路

98%の買取率に釣られて申込をしてしまった人は何も疑わず所定通り手元のギフト券を業者に買取りのため送ってしまうでしょう。

どの買取業者と比較してもこれだけの好条件の業者は見当たりませんしさぞや満足されているに違いありません。

この時はまだ詐欺にあったということに気づく術はないのですから。

入金額がとんでもないことに

即日振込ということでしたが待てど暮らせど当日に入金の連絡はありませんでした。

翌日にようやく振込があり口座を確認したところ98%とは程遠く明らかに買取金額が低く振り込まれていたのです。

もちろん何かの手違いと思い確認の連絡をしたところこうした回答が返ってきました。

「振込み金額に間違いはありません。当社では最大の買取率は98%ですが5回目以降の利用の場合に適用されます。それまでの買取率が15%になることを利用規約に記載していますが、同意の上でのご利用ですのでキャンセルは受けられません」

3万円のギフト券を98%の29,400円で買取って貰えると思っていたのに4,500円の振込金額だったのです。

確認のためホームページにアクセスして利用規約を確認したところ確かに回答通りの説明が記載されていました。

利用規約の確認を怠ったことは事実ですが結果的に高い買取率に釣られて騙されてしまったということになりました。

錯誤による契約は無効にできるが

こうした事案は錯誤による契約として法的には無効にできるようになっています。

しかしながら短期間に店名を変えアドレスを変え逃げ回りながら詐欺を繰り返しているのですぐに音信不通となります。

ネットだけの取引、相手の所在が不明、連絡手段が無いということで手の施しようがなく被害者は泣き寝入りするしかなくなるのです。

詐欺に合わないためのポイント

利用規約詐欺業者の特徴は

  • 高すぎる買取率
  • 本人確認がない
  • ありえない利用規約
  • 信頼性があるように見せかける集客方法

amazon買取業者の相場はどこもだいたい同じくらいで良くても92%(多少の増減あり)となります。

98%など高すぎる買取率はありえません。

また詐欺業者の手口は申込のあとすぐにギフト券を送らせます。

一般的なamazonギフト券買取業者は本人確認や手続きの確認等で一手間かけます。

しかし詐欺業者はだまし取ることが目的なので連絡が取れ次第すぐにギフト券を要求して来るのです。

最後に利用規約は一通り目を通しておきましょう。これだけど利用規約詐欺に騙されることはなくなるでしょう。

そしてamazonギフト券を業者に送る際は再度条件などを確認する事をオススメします。

これらの手口で詐欺を行う業者は今はネット上には検索しても見当たりません。

最後まで詐欺を行っていたのは「ギフトスター東京」という業者でした。

驚くことにこうした業者はリスティング広告という検索結果の画面上部に広告として表示される方法で集客していました。あたかも検索結果のように表示されるので上位表示で信用があると思い込んでしまう人もいるようです。ですがこれはお金を払えば簡単にできるあくまでも広告なのです。詐欺業者が平然と広告を出しているのには驚きを隠せませんが実際にそうして集客していたのです。

詐欺の手口は日々進化していてまた新たな手口が行われる可能性は十分にあります。詐欺業者は狡猾で被害者が泣き寝入りするところまで計算して騙してきます。

みなさんもありえない好条件にむやみに飛びつくのではなく色々確認を行うことでこうした悪質業者から身を守ることができると思いますので心がけていただけたらと思います。