amazonギフト券の正規販売店としてキャリア決済(ドコモ・au)ができたPINCOMが2017年9月25日をもって無期限の販売中止となりました。

販売再開の予定は未定となっています。

ギフトマッチ

販売中止となってしまったamazonギフト券

amazon公式サイト以外でamazonギフト券が購入できるサイトはいくつかありますがキャリア決済対応はPINCOMのみでしたのでクレジットカードをお持ちでない方には大変残念なことになりました。

なぜこのようなことになったのでしょうか?

販売中止となった原因を考察

いくつか予想できることは

  1. 犯罪に利用された
  2. 換金目的の利用が非常に多かっった
  3. それ以外の理由でamazonギフト券が廃止になる

この辺ではないでしょうか。

amazonギフト券は金券類として換金することが容易なためしばしば詐欺事件で現金の代わりに利用されることもあるようです。PINCOMで発行されたギフト券が事件との関係が明るみになったことで無期限の販売停になったかもしれません。

また月初にPINCOMにアクセス出来ないこともあったため携帯決済現金化を行う方が非常に多かったと予想出来ます。PINCOMでは換金目的の利用を減らすための働きをいくつも行ってきましたのでこの線も考えられます。

ソフトバンクでのキャリア決済を対応しなくなったことやドメイン制限、アドレス与信など購入することに規制をかけ注文時には換金目的の利用でないことを同意させていましたので一時期に比べアクセスできなくなるようなことはなくなりました。

しかしそれでも裏技的な方法で制限回避を行うことが可能だったためシステム上の強化を図る目的で販売を一時中止しているのかもしれません。

換金目的のamazonギフト券の購入は認められていませんので、本来の利用方法ではない運営側の意図に反した使われ方がされていたことも中止の要因ではないかと思われます。

またアマゾンギフト券が廃止になることは考えにくいですが、現在のテクノロジーはとても発達しているので仮想通貨に代表されるブロックチェーン技術が導入され既存のギフト券はなくなってしまうのかもしれません。互いが互いを証明できる技術なので不正がしにくくなったりしますのでいずれかはポイント管理はすべてこうした仕組みになると思われますが、すぐになるのは現実的ではありませんね。

憶測の域は出ませんが現状ではキャリア決済できるサイトがamazon公式サイトのみとなったためドコモユーザーだけamazon.co.jpで支払い方法を携帯決済にすることによって購入可能となっています。

今後キャリア決済でamazonギフト券を購入する場合は

ドコモユーザー以外は各キャリアが発行するプリペイドカードにキャリア決済でチャージしてamazon.co.jpで購入することになるのではないでしょうか。

チャージしたプリペイドカードであればamazonギフト券Eメールタイプも購入可能なので現金化目的での購入が出来てしまいます。

ただ規制の流れは続いていますのでこうした方法もいつ廃止になってもおかしくありません。

頂いたamazonギフト券を買取してもらうことはグレーかもしれませんが、もともと換金目的でamazonギフト券を取得する行為は完全に規約違反となります。場合によってはアカウントの凍結など厳しい対応を迫られてしまうこともあるようです。