便利なバンドルカード

amazonギフト券が買えるバンドルカードをご存知ですか?

あらゆるチャージ方法があるプリペイドカードでamazonの買い物がクレジットカード扱いになる便利なカードです。発行方法も今までのプリペイドのように数日かかって郵送されるというものではなくアプリ内で発行されるので即日、いや、瞬間発行が可能なんですよ!

スマホをお持ちであれば誰でも発行可能なので一枚持っておいて損はあれません。手数料なども無料なのがうれしいですね。

使い方も沢山のチャージの方法があるのでまさに最新のプリペイドカードです。

携帯決済でamazonギフト券が購入できなくなってしまったのでこれまでキャリア決済でamazonギフト券を購入していた方には必須アイテムとなることでしょう。

スポンサーリンク

バンドルカードの知っておきたい4つの特徴

バンドルカードの4つの特徴

  1. 発行・利用は無料
  2. 豊富なチャージ方法
  3. Visa加盟店で利用可能
  4. 発行はとても簡単

バンドルカードの発行・利用は無料

バンドルカードの発行は無料、使ってもバンドルカードの利用料は発生しません。ですからとりあえず発行しておいても損の無いプリペイドカードと言えます。

しかしかなり便利なので使わないことはないと思われます。

利用履歴も瞬時に反映されますし管理がとても簡単です。何よりチャージしないと決済できませんので使いすぎということがないので現金主義な日本人には向いているのかもしれませんね。

バンドルカードの豊富なチャージ方法

バンドルカードを使うにはカードにチャージが必要です。チャージ方法はたくさんあり個々がバンドルカードの最大の特徴であり使うメリットではないでしょうか。とにかく便利です。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ドコモのケータイ払い
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ギフトコード(iTunesカードやAmazonギフト券ではありません)

コンビニ払い、クレジットカード、銀行決済に加えて特筆すべきはドコモの携帯キャリア決済「ケータイ払い」でチャージが可能ということ。

これはドコモのケータイ払いでチャージすればクレジットカードをお持ちでない方でもクレジット決済(バンドルカードがクレジットカード扱い)ができるのです。

Visa加盟店で利用可能

バーチャルカード リアルカード リアルプラスカード
国内及び海外のVisa加盟店(オンライン) 国内のVisa加盟店(実店舗含む)及び海外のVisa加盟店(オンライン) 国内及び海外のVisa加盟店(実店舗含む)

国内のVisa加盟店であれば利用できますがカードタイプによって実店舗では使えない場合もあるので注意が必要です。

発行はとても簡単

バンドルカードのバーチャルタイプであればダウンロードしてユーザーID、パスワード、生年月日、電話番号を入力で即時発行が可能です。
バンドルカードアプリ
実物ないカードなので違和感があるかもしれませんがカード番号が記載されたバンドルカードがアプリ内に表示されます。

バンドルカードダウンロード⇒https://vandle.jp/

amazonギフト券がバンドルカードで購入可能

バンドルカードがあればamazonギフト券がamazonサイトで購入可能です。

支払い方法の追加でクレジットカードを選択してバンドルカードを登録すれば決済ができるようになります。

2017年11月頃からアマゾンサイトでamazonギフト券の購入が携帯決済ではできなくなったのでバンドルカードを利用すれば問題なく購入することができます。

【全面禁止!?】amazonギフト券が携帯決済で購入できなくなったその対策は?-キャリア決済は完全不可能?

ただし、1回のチャージ金額が3万円まで、チャージ金額残高の上限額が10万、月間のチャージ上限額が12万です。

残高として残しておける金額が10万円までになりますので当月であれば10万円使った後に2万円まではチャージが可能です。

バンドルカードの仕様

バンドルカードにはいくつかタイプがあり発行に無料のものもありますが有料のものもあります。

また利用できない場合も少数ありますので一度確認することをオススメします。

バンドルカードの仕様