amazonギフト券の現金化はクレジットカード現金化や携帯決済現金化の媒介手段としてしばしばりようされています。

amazonギフト券の買取サイトが出始めた頃はまだ規制がなくクレジットカードでも携帯決済でも簡単に購入することができました。

しかし今日では換金目的の購入の顕在化を背景にカード会社や各キャリア、販売サイトなどで規制がどんどん開始されました。

実は、現在では携帯決済で直接amazonギフト券を購入することは不可能となっています。更にアマゾンサイトでクレジットカード決済にて購入する際にもギフト券発行まで時間がかかってしまう場合や最悪換金目的と疑われればアカウントの凍結などかなり面倒な事態になる可能性すらあります。

amazonギフト券を購入する際クレジットカード決済は危険?

クレジットカードでしか購入できないamazonギフト券Eメールタイプですら購入できない場合があります。もちろん高額決済を一度にすればアカウントを凍結される恐れもあるのです。

幸い現在ではその他のデジタルコンテンツ、例えばiTunesカードやGoogle Playギフトコードなどでもクレジットカード現金化や携帯決済現金化をすることができるため利用者が増えています。

プリペイドカード経由でデジタルコンテンツを購入する方法もamazonギフト券を選択すると購入に手間取る可能性があるためiTunesカードやGoogle Playギフトコードを選択するのも賢い選択となりつつあります。

amazonギフト券をクレジットカードで購入する時に注意すべき8つのこと

デジタルコンテンツ別現金化のメリット・デメリット

amazonギフト券 iTunesカード Google Playギフトコード
 メリット  換金率 90%前後  簡単に買える  簡単に買える
 デメリット  購入に難あり  換金率 80%台  換金率 80%台

amazonギフト券は広く高価買取してもらえるデジタルギフトコードとして認知されていてその換金率は額面に対して90%程度とかなり高い反面利用者が後を絶えないため規制された結果購入までの難易度が非常に高くなり購入できなかったり危険性が高いというものになってしまいました。普段からクレジットカードなどでamazonギフト券を購入していれば比較的簡単に購入できる反面、アカントを新規で取得したりクレジットカードを新たに登録したりして購入を試みると換金目的の利用の疑いが強くなるためリスクの高い方法となってしまいます。

一方、iTunesカードやGoogle Playギフトコードなどはamazonギフト券の換金率に比べると低くなってしまいますが販売しているサイトがいくつかあるので購入難易度は低いものとなります。クレジットカードはもちろん携帯決済でもプリペイドカードを利用することでamazonギフト券に比べると圧倒的に早く購入することができます。

ドコモのプリペイドカード「dカードプリペイドカード」、ソフトバンクの「ソフトバンクプリペイドカード」は3Dセキュア対応カードなので設定したりするとデジタルギフトコード専門販売サイト「Kiigo」で決済が可能です。管理人はソフトバンクカードに携帯決済でチャージしてKiigoでGoogle Playギフトコードを5分ほどで購入することができました。
※ソフトバンクは3Dセキュアをマイソフトバンクでせってする必要があります。

こうした事実からamazonギフト券をクレジットカードやプリペイドカードで購入することは最悪アカウント凍結があるためiTunesカードやGoogle Playギフトコードで現金化する方が増えているのは納得できます。

購入したギフト券を高価買取サイトで売却することで簡単に換金することができます。

amazonギフト券買取優良サイトみんなの口コミから選ぶTOP3

iTunesカードを90%以上で現金化する方法と高価買取しているサイト

Google Playギフトコードを90%以上で現金化する方法と高価買取サイト