amazonギフト券はクレジットカードで購入すると利用停止になるという噂がネット上には多く見受けられますが本当にそうなのでしょうか?実はこの説にはあっている部分と間違っている部分があります。結論から言うとクレジットカードでamazonギフト券を購入することはなにも問題ありません。ただし購入の仕方次第では購入に時間がかかったり購入できなかったりする場合があります。

これからお話することはクレジットカードで安全にamazonギフト券を購入するための注意点です。この注意点を実践していただければきっとスムーズに購入して頂けると思います。

ギフト券を購入する際はamazonアプリ完全版をまずはダウンロードするとログインの手間がは省けたりしてとても便利です。

【これはすごい】amazonアプリの完全版が便利すぎるのでまとめてみた

ギフトマッチ

amazonギフト券をクレジット決済する時に知っておきたい8つの注意点

  • クレジットカード残高
  • 新規登録アカウント
  • 登録情報の一致
  • メールアドレスの確認
  • 送信日の確認
  • 初めから高額決済しない
  • 枚数を分ける
  • 新規発行のクレジットカードを使用しない

クレジットカード決済でamazonギフト券を購入するとはできますが、上記の項目に注意しなくてはなりません。

不備があったり購入方法を間違ってしまうと時間がかかったり、買えなかったりすることがあります。

ご安心していただきたいのがクレジットカードが利用停止になることはほとんどありません。

amazonギフト券はネットで簡単に決済できる分セキュリティーがとても厳しいのでこれから解説していく8つの注意点に留意して進めていけばより確実に購入して頂けると思います。

クレジットカード残高を確認する

クレジットカードの残高が無ければもちろん決済はできません。正確に残高確認するならインターネットからカード会社のホームページからログインをしても良いですがカードの裏面に記載されているサポートセンターに電話で確認すると正確です。

新規登録アカウント

amazonの新規取得アカウントでギフト券購入は、額面にもよりますがスムーズに購入できることもあれば時間が掛かることもあります。もしアカウントをお持ちであればそちらをお使いいただいたほうがよりスムーズに購入できると思います。

登録情報の一致

amazonサイトで登録する情報クレジットカード会社に届け出を出している情報が一致しないと再度、本人確認をしたり照合にとても時間が掛かります。

一致させる情報は以下の通りです。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • クレジットカードの種類
  • クレジットカードの名義
  • クレジットカードの番号
  • クレジットカードの有効期限

こちらが一致しない場合アマゾンから本人確認のメールが送信されますので身分証など提出したりして時間がかかります。

スムーズに購入するのであれば情報の一致が必要となりますのでしっかりと確認することをおすすめします。

メールアドレスの確認

amazonギフト券を購入する時はメールアドレスが必要になります、特にEメールタイプのギフト券を購入する時は指定したアドレスに送信されますので間違えると受信ができませんのでしっかり確認をしましょう。

また、携帯キャリアメールをお使いの場合はパソコンからの受信設定も確認しておきましょう。

送信日の確認

この送信日は何もしなければすぐ送信となっていますので最短で購入したい場合はそのままで大丈夫です。日にちを指定する場合は希望日を入力しておきましょう。

初めから高額決済しない

例えば、amazonギフト券のEメールタイプは一度に15円から50万円まで購入することが可能ですが初めから10万円以上の高額決済をすることはおすすめできません。

はじめは少額の決済をしてamazonサイトでの実績を作るとそれ以降の高額決済がしやすくなります。

枚数を分ける

amazonギフト券の購入方法は例えば12万円のギフト券を購入するときは

  • 12万円×1枚
  • 6万円×2枚
  • 3万円×4枚
  • 2万円×6枚
  • 1万円×12枚

以上のように金額と数量を調整して購入が可能です。

ですが一番やってはいけないのが12万円×1枚の購入方法です。

理由は推測の域を出ませんが額面が高額になると不自然なこと、不正利用されていないかなどが挙げらます。

何かの催事、例えばゴルフのコンペで使ったりすることもあるでしょうしamazonギフト券の用途は様々です。

ギフト券は自分でも使えますし、友人・知人にも送ることができますから金額を低くして枚数を増やすことは自然なことですから買いやすくなるのではないでしょうか。

この方法より2万円×6枚、1万円×12枚といった一枚あたりの額面が低いほうがスムーズに購入できることが多いのも事実です。

少額で何度もamazonギフト券をクレジット決済しても大丈夫?

では20万円分のギフト券を購入する時は1万円×10枚を2回行えば良いのでしょうか?

この質問には、問題なく購入できる場合もありますが額面によっては購入できない場合もあると言う回答になります。

購入額面に左右されるのはもちろんカードの残高や今までの利用状況などもあるので一概には言えないのが現状です。

もし複数回に分けて購入する場合はこちらの記事を参考に購入サイトを分けるのも1つの手と言えます。

楽天カードでamazonギフト券を購入する2つの方法

楽天カードでなくても実践できる方法を紹介しています。

新規発行のクレジットカードを使用しない

支払いの実績がないクレジットカード、つまり新規発行のカードは現金化の疑いが掛けられやすいケースとして挙げられます。

しかし、少額の数万円程度であれば問題なく購入できることが多いです。

問題となるのは高額決済と限度額近い利用この2点になります。

実際に当サイトに投稿された体験談の中には楽天の新規発行カード利用上限30万円を枠上限まで決済しようとしたらカードを止められたという報告が入ってきました。

利用停止の理由は新規発行のカードで換金性の高い金券類を上限枠いっぱいまで購入しようとしたことが現金化の疑いが非常に強いと判断されたためでした。

これについては稀なケースで「新規発行」、「購入商品」、「上限枠までの利用」が重なったために利用停止となりました。

なので新規発行のカードで高額決済はまず購入できないと思っていたほうがいいでしょう。

なぜクレジットカードで購入できないことがあるのか?


クレジットカードでamazonギフト券が購入できない理由についてはいろいろな憶測が飛び交っていますが、この2点は確実に挙げられる理由ではないでしょうか。

  • クレジットカードの不正利用
  • 現金化目的の利用

amazonギフト券は換金性の高い商品に該当します。

換金性が高いということはクレジットカードを不正に利用してお金に換えてしまう不届き者もいることでしょう。具体的に例を挙げると、盗難や紛失などで第三者に渡ったクレジットカードはカード番号、セキュリティーコードがカード自体に記載されているため誰でも不正な決済できてしまうのです。

今でも盗難・紛失したカードでギフト券や新幹線の回数券を不正取得する犯罪は後を絶ちません。

こうした犯罪を未然に防ぐためにもカード会社は換金性の高い商品の購入には目を光らせています。

次に現金化目的とした利用です。

カード会社は現金化目的の利用を利用規約で禁止しています。これはすべてのカード会社に当てはまることですのであからさまに現金化目的と分かるような購入方法は決済が通りません。

先にも述べましたが新規発行カード(支払いの実績がない)で上限枠めいっぱいamazonギフト券を購入することは現金化目的の疑いが非常に高いために利用停止になる恐れがあるのです。

インターネットとクレジットカードがあれば非常に簡単に換金性の高い商品を購入でき現金に変えることができます。

それ故にセキュリティーが厳しいくなるのは仕方のないことなのです。

まとめ


いかがでしたでしょうか、今回は「amazonギフト券をクレジットカードで購入する時に注意すべき8つのこと」をご紹介させて頂きました。

クレジットカードでamazonギフト券を購入する時に厄介なのが初回の購入であることがお分かりいただけたと思います。

初めての購入で特に気をつけていただきたい注意点

  • 登録情報の一致
  • 高額決済
  • 枚数を分ける
  • 新規発行のクレジットカード

この4点ではないでしょうか。

amazonギフト券、特にEメールタイプはクレジットカードしか購入できない商品ですのであまりにも無茶な買い方をしなければどなたでも購入が可能ですし利用停止になったりすることはありません。

Eメールタイプであれば何度か購入していると金額に関わらず5~10分で受信できるようになりますので、amazonとの信用を少しづつ作らなくてはいけないことがわかります。

どうしても高額なギフト券が必要な場合は前もってカード会社に連絡をするのも良いかもしれません。

本人が利用することを知らせて不正利用でないことを事前に伝えておくとスムーズに購入できることもあります。