amazonではコンビニを利用した購入方法があり大変便利なサービスとなっています。

購入商品の支払いをコンビニで済ませたり、お近くのコンビニを配送先に指定して受け取ったりと用途に応じて使い分ければその便利さがわかるはずです。

この記事はこんな人におすすめ

  • コンビニ支払い?
  • コンビニ受け取り?
  • 手数料は?
  • 代引きなの?

など支払いと受け取りを混同してしまっている方や手数料について知りたい方

ギフトマッチ

amazonのコンビニ払いとは

amazonの決済方法の1つにあるコンビニ払いとは

  • セブンイレブン
  • ローソン、ミニストップ
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストア
  • セイコーマート
  • スリーエフ

で行える支払い方法です。

コンビニの店頭設置端末(Loppi、Famiポート、Kステーション、クラブステーション)でバーコドを発券する方法とオンライン決済番号(払込票番号)を店頭で伝える方法のいずれかとなります。

amazonでコンビニ払いする時は先払い

amazonのコンビニ払いは商品と引き換えに代金を支払う代引きではありません。

意外に混同している人が多いようなので別物と覚えておきましょう。

コンビニで注文した商品の支払いを先に済ませてから発送される方法を指します。

現金と一部電子マネーで支払い可能

コンビニ払いはセブンイレブンのみ電子マネーのnanacoで支払いが可能です。

それ以外は現金の支払いになります。

セブンイレブンでnanaco支払いを選択すればポイントも付くので現金よりもお得になりますね。

amazonのコンビニ受取とは

コンビニ受取ができる店舗は

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

のみになります。

受取方法は以下を参照下さい。

コンビニで商品を受け取る際には、商品の到着をお知らせするEメールに記載されている認証キー(お問い合わせ番号と認証番号)、またはバーコード(ローソンで受け取る場合のみ)が必要です。ヤマト運輸の営業所で商品を受け取る場合は、発送確認メールや注文履歴に記載されているお問い合わせ伝票番号、および本人確認書類が必要です

コンビニ受取は代引き以外は先払い

コンビニ受取の支払い方法は

  • クレジットカード
  • 携帯決済
  • コンビニ払い
  • ATM
  • ネットバンキング
  • 電子マネー
  • 代金引換

代引き以外はすべて先払いで手数料はかかりません。

代金引換を選んだときだけ代引手数料の324円(税込)が発生します。

どうしても代引きしか方法が無い場合はamazonギフト券の利用がオススメです。

amazonギフト券なら代引き手数料を支払わず実質現金で購入できますし、代金引換では購入できないマーケットプレイスの商品も注文できるのでメリットが大きいです。

購入方法はamazonやコンビニなどがありますが安くお得に買い物するのであればギフト券取引所は外せません。

amazonギフト券の取引所に登録をして格安ギフト券を購入すれば更に5~10%割引で買い物ができます。

amazonギフト券取引所【ベテルギフトを徹底解説】登録方法(使い方)、手数料、仕様について

初心者でもわかりやすく解説してあるので簡単にお小遣い稼ぎができます。

amazonギフト券取引所【ギフルを徹底解説】|登録方法(使い方)、手数料、仕様について

まとめ


コンビニを利用したamazonでの買い物は手数料に関して、代金引換以外は手数料が発生しません。

別枠でプライム会員でない方がお急ぎ便など送料が発生する配送方法を選択した場合は配送手数料が別途購入代金以外にかかってしまいます。

コンビニ受取などは家族に配達物を見られたくない場合や不在通知の手続きが面倒な方は重宝しますね。

どのコンビニで受け取るかも簡単に設定できますのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか。