フリマアプリなどの流行により個人が不用品などを換金することは以前よりも身近で手軽になりました。

しかし出品となるとそれ相応の知識や手間、時間などは最低限必要となります。

ハードルが少しばかり高い個人間取引(フリマアプリなど)に抵抗がある方は買取を専門とする業者に依頼して換金するのが一般的です。

amazonギフト券の換金においても例外ではなく、換金手段は専門業者、個人間取引サイトなどいくつか存在します。

そしてそれぞれ換金スピード、換金率(買取率)、手間、時間などは異なります。

不要なamazonギフト券を現金化する方の大半がより手軽に、より簡単に、そしてより換金率の高い方法を望んでいます。

今回はamazonギフト券の換金方法について個人間取引サイトと買取業者を比較して最適な方法を検証していきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

amazonギフト券の換金方法は個人間取引と買取業者の2つ

換金方法は個人間取引と買取業者
不要なギフト券を売って現金化したい場合その方法は大きく分けて2つあります。

  • 個人間取引サイト
  • 買取業者

売り手と買い手を仲介する第三者として存在する「個人間取引サイト」を利用する方法と買取を専門とする「買取業者」に依頼する方法です。

どちらもその特徴を理解する事で最も適した現金化ができますのでまずは2つの方法について見ていきましょう。

amazonギフト券の個人間取引について


個人間取引でアマゾンギフト券を売却する最大のメリットはより高い値段で換金できる点が挙げられます。

出品する価格を設定できるため希望の金額で売れる可能性があり自由度が非常に高いです。

ただし買い手あっての取引ですので需要に見合わない価格で出品していると売却まで思いのほか時間がかかる場合があります。

高く売れる時期や売れやすい額面などあり最高値で売ることは至難の技になります。

しかしながら最高値でなくとも時期を工夫して出品するだけでそれなりの価格で売ることができるので著しく安い金額で売ってしまうということはあまりありません。

一方ですぐに換金したい場合でも売却額を気にしなければ安い価格で出品することですぐに購入されますからそういった場合でも状況に合わせて利用することが出来ます。

ただし注意しなければならないのが個人間での取引になりますのでトラブルになった場合当事者同士での解決を求められるためそれ相応の対応が必要です。

amazonギフト券販売サイトは危険?利用の際の注意点について

売買サイトの利用は初回の登録が必要ではありますがほぼすべてのサイトで無料登録出来ますので入り口は大変広いものとなります。

それぞれ各サイトで出品手数料や出金手数料なども異なりますので細かく勘定をすると各々のサイトで換金額に差が出てきます。

出品手数料においては無料のサイトもありますし額面の2%弱が発生するサイトもありますので利用前に確認することをおすすめします。

個人間取引のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 希望金額で出品できる
  • 即日換金可能
  • 登録無料
  • より高値での売却はスキルが多少求められる
  • 手数料がかかる場合がある
  • トラブルのリスク

amazonギフト券の買取業者について


買取業者を利用する最大のメリットは手軽さではないでしょうか。

amazonギフト券買取サイトからWEB申込みをするだけで所定の手続きのみで完結します。

本人確認、振込先情報確認、ギフト券の受け渡しで手続きは済んでしまいます。

難点と言えば買取率の良い迅速な対応をしてくれる「業者選び」となりますが高価買取をしている比較的優良なサイトを見つけ出すのはそう難しいことではありません。

口コミや比較サイト、ランキングサイトに掲載されているサイトであれば情報もたくさんあるので候補とするサイトを調べていけばトラブルになるような買取サイトを利用するリスクはかなり下がってくるでしょう。

最終的には直接、振込金額や日時を確認することが最も安全な取引をする方法となることはお忘れなく。

実際に候補となる業者を探す際はもちろんネット検索をされると思いますので注意点をいくつかご紹介致します。

まずはじめに知っておいていただきたいのはamazonギフト券買取業者を装う詐欺業者が存在するということ。

買取率がサイトに表記されている数値と比べ著しく低い業者やそもそも振込を行わない詐欺サイトも実際には存在しています。

ただしこういった業者はごくごく一部ですのでしっかりと運営している買取サイトであれば全く問題ありません。

悪質業者の共通点は集客方法がある方法のみで行っているのでそれを理解することが大切です。

まずネットでキーワード検索すると検索画面の結果欄の上部と下部にキーワードに関連する広告が表示されます。

これをリスティング広告といいますがこれを利用して悪質サイトは集客していることが多いのです。もちろんすべての業者ではありませんし買取大手サイトもこの集客方法を利用しているため紛らわしいところが厄介なのです。

【注意】amazonギフト券を搾取する利用規約詐欺の手口を解説

ちなみに広告にある2番目の買取ボブは大手電子ギフト券買取サイトです。信頼度は業界トップクラス。

【口コミで高評価】Amazonギフト券買取なら買取ボブがおすすめな7つの理由

アマゾンギフト券の買取サービスは近年増加傾向にあり、法人運営しているところもあれば、個人で行っているサイトなどまちまちです。

実際にトラブルなく取引が行えれば良いわけでやはり業者選びがキモとなることは間違いありません。

初回利用時は買取保証92%など各サイトの特典がある場合もあるのでチェックしてみましょう。

ただし買取サイト利用する時は買取してもらうギフト券の額面に制限があることが多いので注意が必要です。1万円以下の買い取りの場合買取保証外などにもなっていますので確認することをおすすめします。

買取サイトのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 特別なスキルは必要なし
  • 振込までおまかせ
  • 即日振込可能
  • 買取率がわかりやすい
  • 初回の利用は優遇されることが多い
  • 買取額面のよって価格が変わる
  • 業者選びが面倒
  • 悪質サイトのリスク

個人間取引と買取業者の比較


さて長々と説明をしてしまいましたのでここで両者のまとめをさせていただきます。

ヤフオクやメルカリなどオークションサイト、フリマアプリなどを利用したことがある方は個人間取引サイトを利用することは難しいことではありません。

もし初めてアマゾンギフト券を換金なさる場合は手軽という点でどうしても買取サイトがおすすめということになります。

より高く換金したい、出品する事を手間と思わないというのであれば例外となり初めての方でも個人間取引の方がおすすめとなります。

個人間取引サイト 買取サイト
手軽さ 3.0
登録、出品する手間がある
5.0
申込みから簡単な手続きで振込を待つだけ
換金性 5.0
買い手次第ではあるものの自由に設定できる
4.0
最低買取保証などの特典があるサイトもある
安全性 4.0
トラブルのリスクはゼロではないが運営サイトも不正ギフト券取締をかなり強化している
5.0
優良サイト利用する前提で非常に安全

おすすめサイト一覧

amazonギフト券個人間取引サイト

※いずれも出品手数料0%

amazonギフト券買取サイト

※条件を満たせば最低買取率保証あり

個人間取引サイト、買取サイト双方に当てはまることがあります。

それが少額の換金です。

個人間取引サイトであれば出金手数料、買取サイトであれば買取保証外になることもあるので実質90%を下回る場合があるのでご注意下さい。

amazonギフト券買取優良サイトみんなの口コミから選ぶTOP3